コンテンツ チタンの溶接

チタンは腐食や銹に非常に強く、固いにも関わらずSUSに比べて比重も軽いという非常に優秀な特性を持っています。
その反面、加工しづらく、溶接も技術が必要とされ、難削材とも呼ばれています。
当社では、チタン材の加工技術を持つ協力会社とともに、チタン溶接に力を入れています。優秀な特性を持つチタンの自由な加工、溶接が可能となった今、様々なご要望を多くの可能性に変える事が当社の目標です。

仮付

溶接部を仮固定する為に仮付けを行います。
この際に接合の位置や水平・角度等をほぼ確定させます。

裏波

接合部のチタンを融解させながら溶接します。
しっかりと溶かし込むと溶接面の裏側に波上の溶接痕が残ります。これを裏波といい、しっかりと接着していることを示します。

肉盛

溶接面は接合部を溶かし込むため、ややへこんだ状態になります。そこへチタンの溶接棒を使い盛って行きます。
チタンの溶接の場合、酸化してしまうと溶接部周辺に青い模様がハッキリと出ます。強度を損なう恐れがあるため、オリジナルの治具等を使い酸化を防ぎます。

仕上

最後に金属焼けや表面のざらつきを、専用の薬品などにつけキレイに仕上げます。

チタンの溶接

当社が得意とするチタンの溶接を最大限に活かし、お客様の様々なご要望に応え、確かな製品を供給するために、溶接の他、設計・加工の分野における地域の専門業者と連携し「特定下請連携事業」として経済産業省より認定を受けグループによる一貫生産を可能にしました。

一貫生産

チタンの溶接

製品作りにおける各分野にそれぞれの専門業者が位置し、お互いの技術や知識を共有することで、どこを窓口にしても品質の高水準維持と、スムーズな流れによる短納期を実現します。

※画像をクリックで拡大します。

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真

完成写真


製品

製品

製品

製品

製品

ワークスギャラリー